IODA EUROPEAN OPTIMIST CHAMPIONSHIP JAPANESE TEAM REPORT

2005 IODAヨーロッパ選手権 日本代表チーム レポート

スポンサーサイト

--/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. Category:スポンサー広告|
  2. トラックバック(-)|
  3. コメント(-)

2005.7.13 レース第2日目

2005/07/15(金)

本日は3レース消化できるコンディションとなりました。

20050713_01.jpg

11時頃から風が北(340°~0°)よりから入りはじめ、
20°まで右に回り、風軸が5°~10°で±10°で、
風速は、3~5mから午後三時頃には7mまであがり、
ブローでは8mのコンディションとなりました。

第一レースは、シーブリーズが段々入りはじめながら、
やや左のブローが強い感じ。
但し、右のブローもあり、右でも戦えないわけではなく、
右よりは左の方が戦いやすい感じでした。

20050713_02.jpg

航輝、匠海は右海面を選択し、
航輝は、スタートは上手くでて左に伸ばしつつ、
無理に右の奥のブローを拾いにいって失敗。
匠海は最初から難しい右の海面で戦って、
1上25番前後となりました。
康弘は、左の奥までブローをおっかけすぎて失敗
(結果的にはリコールでOCS)。
夏海は、上5くらいからジャストスタートして、左海面へ。
但し右に返した後に結局右海面を使った分だけ順位を落として
10番前後で回航。

結局スタートと最初のタックのタイミングと
その後のブローのとり方(海面の使い方)が
ポイントとなりました。

20050713_03.jpg

第二レースは、風軸10°あたりで安定してきて±10°、
風速は5~6mというコンディションとなりました。
このレースでは、明らかに左のブローが強く、
下一ででて、しばらく延ばして、最初のブローでワンタック入れて、
さらにタックを入れて左の大きなブローをとりに行くのが
ポイントでした。

にもかかわらず、日本の男子3選手はまたしても、
やや右海面を使う結果となり、1上の順位が上がりません。
夏海だけが思い切って左海面を使って、
ポートでリフトの入るブローを掴み、1上5位で回航しました。


第三レースは、風軸は同じで、風速がさらに上がり、
ブローで8mくらいが入りはじめました。
しっかり左のブローを使うように指示。

今度は、左の奥のブローをひたすら追う格好となり、
ほぼ一本で左のコースを引く格好に日本男子選手はなり、
1上の順位があがりません。
このレースでは、各国のコーチからの指示も左有利が出ていた模様で、
ほとんど左海面で戦うことになりました。
夏海も左海面を使いながらも、左海面にしか集団がなく、
タックのタイミングを逃した格好となって、
1上は20番前後と出遅れました。

20050713_04.jpg

結果本日の順位は、

匠海22-24-25(71点)で37位、
航輝44-26-44(114点)で74位、
康弘OCS-49-33(153点)で141位、
夏海11-6-18(35点)で15位

でした。

まずは、大きなレースの初日ということもあり
仕方ない部分もあったかと思います。
但し、ミーティングで厳しく注意したのは、
戦う姿勢がない、闘争心をもってスタートに臨むべしと
ミーティングで指示しました。

明日も選手を信じてレースに臨みたいと思います。

以上レースレポートでした。

埼玉
  1. Category:2005ヨーロッパ選手権|
  2. トラックバック(-)|
  3. コメント(-)

2005.7.12 レース第1日

2005/07/13(水)

いよいよ本番レースを迎えました。
が、問題は、このところ続いている晴天です。

朝、選手といっしょに体操を兼ねて、
ホテル近くのビーチまで散策していますが、
本日も、朝はほとんど無風状態でした。

20050712_02.jpg

長く現地に居る私の予想は、
午前中はだめ。
午後も2時くらいから風が入りはじめるのかなぁ、という感じでした。

20050712_01.jpg

一応、第一レースは10:55予告信号となっていたため、
10時には出艇できる状態にはなっていましたが、
まったく風が入ってこない状態。
東の風がパラパラと入ってくる程度。
午後に入り左に風がまわりはじめ、
風が入ってくる兆候も見られましたが、
結局60°~90°を不安定に振れまわり、
一日の中で一番風が上がってくる午後3時になっても
風が入ってくる気配なく、
午後4時過ぎには、まったく見込みなしということで、
ジャパンチームは、セールも片付け、
艇もカバーをしてしまう行動に出ました。

さらに午後5時近くには、ホテルに帰ることに・・・・
後に続くチームが続々と現れ、結局午後5時15分くらいに
AP/Aが上がりレースは中止になりました。

20050712_03.jpg

各選手ともいい状態でしたので、
1レースだけでもやってほしかったところでしたが、
ほとんど無風状態でしたので、やりようがありませんでした。

日本チームの先発隊が現地入りしたのが、6月28日で、
翌29日の16時に初出艇したときには、
340°~20°で8m~12m、
その後0°~40°近辺に右にシフトしながら
段々と風が落ちてくる傾向でした。
さらにプレヨーロッパでは、初日が60°~70°くらいで4m~6m。
二日目は50°~60°で3~5m。
そして三日目が90°から風が入りはじめ、昼ごろには落ちてしまって
ノーレースとなりました。
その後4日からは9日まで午前中は風はなく、
14:00くらいになると風が入りはじめ、
17:00くらいまで風が吹くのがパターンとなっておりました。
10日にまた340°~20°に戻り
5m~7mの風が入ってきました。
翌11日のプラクティスが、340°~20°で
風が3m~5mに落ちて、
今日が90°に振れて無風。

傾向としては、10日で1サイクルになっている傾向があり、
その間変化している一番大きな要素は気温です。
現地入りしたときには選手全員がドライスーツ着用で、
コーチボートもカッパを着ないと水も風も冷たい感じでしたが、
もう完全に真夏モードに入っており、
海上でもTシャツと短パンでOKの状態です。

明日からは、少し右に風が振れて、
60°~70°で3~5mというコンディションのレースになる
可能性が高いと思われます。
風が入ってくるタイミングもおそらく14:00近辺と思われます。
明日もし11時頃に風が入ってくれば、
3レースは可能かもしれませんが、
そうでなければ2レースが限度かと思われます。

微軽風のコンディションで、
意外に捨てレースが1レースしかないような
シリーズになるような感じさえしてきます。

明日また気を取り直して、第一レースに臨みたいと思います。

以上コーチからのレースレポートでした。
  1. Category:2005ヨーロッパ選手権|
  2. トラックバック(-)|
  3. コメント(-)

2005.7.11 プラクティスレース&オープニングセレモニー

2005/07/13(水)

朝は、いつもどおり
8:00ストレッチ、8:30朝食。
朝ごはんがとてもおいしく、プレートは山もり。Very good!


プラクティスレースは、14:00からですが、
9:00にチームリーダーミーティング。
どんどんスケジュールが進んでいきます。
コーチボートのシェアの相手も決まりました。

選手たちは、午前中ややゆっくりめ。
ホテルでのミーティングで、
SIの変更点と、今日のプラクティスレースの目的を
しっかり確認して、早めの昼食

20050711_01.jpg

13:00 いよいよプラクティスレース
喜び勇んで出艇していきました。

20050711_02.jpg

帰着後、急いで片づけをしてホテルへ。
早めの夕食をとり、シャワーを浴びて、今日の反省と情報交換のミーティングの後、
19:45 ロビーに集合
20:20すぎ ホテルの前の広場から、
ブラスバンドを先頭に各国それぞれオリジナルのユニフォームを身にまとい
国旗を持ってハーバーまでの行進が始まりました。

20050711_03.jpg

早口のポーリッシュ(ポーランド語)は、まったく何を言っているのか
わからなかった・・・・です。

後方から背伸びして必死で写真を撮っていると、他国の背の高いお母さんが、
「私が撮ってあげるわ」と、カメラを高く上げて、
IODAのミミさんを撮ってくれました。ありがとう。

20050711_04.jpg

21:00過ぎに、長い夕焼けが終わるころ、
素敵な開会式の幕が閉じました。

いよいよ、明日からレースが始まります。

20050711_05.jpg

◆◆ 監督より ◆◆

こちらに来てから快晴が続いています。
本日は、午後からプラクティスレースが行われました。

監督、コーチそして昨日、コーチボートをシェアすることが決まった
グレート・ブリテンのコーチと共に海上に出ました。

風向は0-30度でシフティーな風、
風速3-6mで悪波のというコンディションで、
上マークまで約20分のマークが設定されました。
選手たちは、ボートスピードの最終チェック、レース海面状況の把握など
本番の雰囲気がつかめたと思います。

ちなみにグレート・ブリテンのコーチは22歳。
OPワールドに96-98まで3回出場した経験の持ち主で
現在は49erで、次回の北京オリンピックを目指しているのナイスガイ!です。
  1. Category:2005ヨーロッパ選手権|
  2. トラックバック(-)|
  3. コメント(-)

2005.7.10 公式到着日 プレ・オープニングセレモニー

2005/07/12(火)

早くも到着4日目

到着の夜は、ちょっとした時差ボケで事件もあったが、
ここにきて、後発隊もみんな調子が整い始める。

AM8:00集合で、浜 いやいや ビーチへトレーニング。
Hotelへ帰った後のBreakfast!!
パンの種類は10種類、ヨーグルトはいろんなフルーツ入りでおいしいよ。

とにかくHotelから歩いて5~10分のところがハーバーなので、
本当にいいところ。

一度ハーバーに行き、スポンサーのNIVEAシール貼り。
そうそう、街の通りには、NIVEAのバナーやらポスターやらが、あふれとるでいかんわーー。
街あげての大会である様、広告効果バツグン!

艇の抵抗にならんよう、空気が入らんよう、私は一番でやってみたけど、即、失敗。
埼玉コーチも「こりゃあ、むずかしいわ」
田中はは ”みんなガンバるんやでー”と、ゆっくりゆっくり一番上手にはった!!
再挑戦にて、4艇きれいに?出来上がり。

20050710_01.jpg

AM11:00ごろ Hotelに戻り、
山岡さんが訳してくださった帆走指示書を手にして、ミーティング。
「みんな よく勉強しとるわ」とほめていただきました。
ありがとうございます!!
自信をもってのぞめーー! という事ですよね、と母は思います。

20050710_02.jpg

今日から全員ランチボックスの昼食。
う~ん、こりゃパン硬め・・・といいつつ済ませる。

PM2:00 
匠海は昨日の微熱も下がったものの待機、夏海もひざの調子を見ながらの休息日。
康弘・航輝は、いい風の中、2時間海面へ。

PM5:00 プレ・セレモニーが始まる!
いい風が吹く中、命のセールが心配だが、
セールを立てて、本会場(昨日まではゲート閉め)となる海岸まで、
アルファベット順に国旗を振りながら大移動、約500m。

20050710_03.jpg

HPの現地地図を見てちょ。
どーんと突き当りがMain会場。
そりゃもう、会場のメインストリートは通行止め。
日曜日なので、両脇には、人の石垣って感じでした。
日本の国旗は、大人気。ピューピュー歓声。

終点では、セールを片付けるまで、いろんな国の選手たちと、
記念撮影・・・

20050710_04.jpg

「ありゃ、何だ!」
と見たこともないどえりゃーでかいトリマラン!!が
海からやってきたりして、235人の選手を歓迎してくれる。
すばらしいイベントです!!
「海外では、こうやって親睦をはかってるんだなぁ」と。
この大会の運営トップのミカエルさんまで声をかけてくれ、
自ら写真を撮ってくれたのを皮切りに
写真の撮りあいが始まりました。

20050710_05.jpg

時間を見ながらHotelへ

ここへ来てからメインストリートはお祭りさわぎで、
露店も並び、街の人たちも Beerのんで、楽しむ様子をみなれました。

夕飯は、今日からHotelでのバイキング、
その後は各フロアーで、選手たちは各自Tシャツ交換。
日の丸が喜ばれてる!
子供たちは、上手にコミュニケーションしとるがね。

明日は、いつもの通り 
AM 8:00にトレーニング
AM11:00にハーバー
最後の練習をして プラクティスレース?

PM 8:00の開会式

日が沈むのは、PM9:00すぎなんだがね

  1. Category:2005ヨーロッパ選手権|
  2. トラックバック(-)|
  3. コメント(-)

2005.7.9 練習開始

2005/07/11(月)

快晴 どんどん暑くなってきました。
プレの時はまだまだ寒くドライを着ていたそうで、
フリース等の寒さ対策を万全にしてきましたが、
ここにきて、ポーランドの夏がやってきたようです。
日差しはとても強いのに、カラッとしていて風はさわやか、
うーん、でもこの紫外線は、強烈です。

陸では旗もなびき、風があるようにみえますが、
どうも海面は、あまり吹いていないようで、
いったん出艇したチームが曳航で帰ってきたりしています。

私たちは、やや早めの昼食をハーバーでとり、
2時過ぎに康弘・夏海・航輝の3人が出て行きました。

20050709_01.jpg

康弘・航輝は、到着したばかりで、出たくて出たて仕方ない様子です。
国内でなら、早くしろ、といわれるところでしょうが、
信じられないくらいテキパキと、出艇の準備をしています。
夏海は、プレの疲れもあるでしょうが、さすがプレ女子優勝の実績の持ち主、
親の根性を引き継ぎ、ひたむきに上を目指しています。

20050709_02.jpg

半日の練習なので、コーチボートに便乗させてもらいました。

20050709_03.jpg

気温の割には、風も海水もやや冷たい気がします。
ポーランドの海は、やや濁った感じで、チョッピーな波と小さ目のうねりが入っていました。
出艇したころから、真北からの海風が、ブローと一緒にだんだん強くなり、
5~6mぐらいのよいコンディションで練習ができました。

20050709_04.jpg

日が長いのと、ハーバーの閉門時間がないので、いつまででも練習できそうですが、
6時前に着艇。
食事のあと、ミーティングをして、
やっと暗くなった10時頃、ベットに入りました。
  1. Category:2005ヨーロッパ選手権|
  2. トラックバック(-)|
  3. コメント(-)

« PREV  | HOME |  NEXT »

Calender

10 | 2017/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Profile

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。