IODA EUROPEAN OPTIMIST CHAMPIONSHIP JAPANESE TEAM REPORT

2005 IODAヨーロッパ選手権 日本代表チーム レポート

スポンサーサイト

--/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. Category:スポンサー広告|
  2. トラックバック(-)|
  3. コメント(-)

2005.7.15 レース第4日目

2005/07/16(土)

レース4日目となりました。

朝方から風はあまりないように感じて、
のんきに昨日までのレース上位選手をチェックしていたところ、
結構ハーバーは風が入ってきており、風は南よりとのこと。

レース運営サイドもできる限りレースをやろうということで
出艇許可も早めにでました。
昨夜しっかりミーティングも終えていましたので、
何も心配なく、選手はすぐに出艇、
私は別の場所からサポートボートをすぐに出しました。

20050715_01.jpg

海上にでてみると、風向は150°を中心に±5°と
結構安定していて、風速は5m程度がしっかり入っておりました。
この風向では右海面が岸寄りになり、
昨日のような風がなくなるコンディションでは岸寄りの右海面ですが、
現地入りしてから南よりの風は一度もなく、
風が左まわりにシフトすることが多かったため、
左からのブローにも注意が必要でした。

最初にすべりでボートスピードをあわせて、
左右海面に2分ほど分かれて走ってみました。
ほぼ同時ながらやや右が有利なようでした。
確かにブローが入ると10°ほど右に振れる傾向がありました。

第一レースでいきなり、
右海面のブローをとろうと上一にいた匠海が本部船のブランケに入り、
42条違反をとられました。そこで出遅れて・・・・。
康弘は、上手くブローをとりながら、1上は10番台で回航。
航輝も15番前後で回航しました。
ところが、最終レグでまたも風がなくなり、
いきなり岸寄りからブローが入り、
定石を外した康弘、航輝は大きく後退。
匠海もスタート直前の42条違反が最後まで響きました。
一方、夏海は、スタートラインの真中あたりから、
バウ先を出して、最初のブローをしっかり拾って右海面へ。
1上4位で回航。

20050715_02.jpg

第二レースは、今度はさらに右に振れて、
風軸180°となり±20°と振れ幅が大きくなりました。
それでも左からのブローがどうしても気になりましたが、
一方で上マークアプローチには使えない
左のブローが入ってきている感じでした。
振れやすく、風の強弱もかなりはっきりしているようだったので、
ブローよりは、ロングを走ることを重視すること、
集団からはなれないで走ることを指示。
航輝、匠海ともに上手くロングを走りながら、
細かいブローを拾って、1上20番前後で回航。
最終レグも二人とも1上と同様に走りフィニッシュ。
康弘は最終レグまで10番前後でしたが、
最終レグで集団から離れたことが裏目にでて
大幅に順位を落としました。
一方、夏海は、しっかり集団から離れず、
振れタックで集団をリードしてフィニッシュ直前まで
4位をキープしていたにも関わらず、
最後に背中からのブローが入るのに気付かず
大きく順位を下げる結果となりました。

20050715_03.jpg

第三レースは、さらに右に振れて風軸190°、±15°の
コンディションとなりました。
気温も一番高くなり、やや海よりの左からのブローに注意しながらも、
右海面有利はかわらず。
ブローが入ってくるとやや左に振れる傾向があり、
スタートラインの有利、不利が数分でかわるコンディションでの
スタートとなりました。
航輝、康弘は、最終レグまで好位置につけるも、
最終レグで集団から離れ、このレースでも大きく順位を落としました。
匠海もしっかり右のブローを使いながら、1上を10位前後で回航。
最終レグに入るまでに3位にまで順位をあげていたようですが、
左のブローの取り方を失敗して順位を落としました。
一方、夏海は、このコンディションでのコース取りのポイントを
すっかり自分のものにして、集団の上にでながらロングを
上手く使って、1上を4位回航。フリーでさらに抜いて
下マークでは2位まで順位を上げて、
最終レグでなんと2位をかわしてトップフニッシュ。

20050715_04.jpg

日本男子選手は、最終レグでの走りが裏目にでて、
大きく順位を落とすのが気になりました。
ヒントとなる艇団があちらこちらにあるにも関わらず、
まわりの変化に気付くのが少し遅いようです。
夏海は絶好調。明日もこの調子をキープして最終日入賞をめざして
もうひと踏ん張りしてほしいものです。

明日は最終日、風に恵まれることを祈りつつ、
選手を最後まで信じてサポートしていきたいと思います。

以上レースレポートでした。

埼玉

匠海 22-24-25-11-8-20-(56)-19-8 18位
航輝 44-26-44-23-5-31-43-14-(50) 63位
康弘 (OCS)-49-33-17-35-23-46-23-19 69位
夏海 11-6-18-12-(OCS)-37-6-11-1 19位
スポンサーサイト
  1. Category:2005ヨーロッパ選手権|
  2. トラックバック(-)|
  3. コメント(-)

 | HOME | 

Calender

08 | 2017/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Profile

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。